Cover index
https://fr.wikipedia.org/wiki/Fichier:Crepes_dsc07085.jpg

フランス 2月2日はクレープの日

2月2日はLa Chandeleur(ラ・シャンドゥルール)と言ってクレープを焼いて食べる日です!
フランス人のソウルフードと言っても過言ではないクレープ。
今回はクレープについて書きたいと思います。
Small 555

La Chandeleur(ラ・シャンドゥルール)って?

Cover les cr pes
http://blog.boutique-magique.fr/origine-de-la-chandeleur
イエス・キリストが誕生した12月25日から40日目の2月2日に聖母マリアがイエスを神殿に奉献するお清めの行事を行った際、参列者が蠟燭を持って祝福したことが由来とされています。

Chandeleurという名は「Chandelle(蝋燭)」という言葉が起源となっていて、クレープは黄金に輝く丸い太陽を象徴しています。

この日はクレープを焼く際に、左手にコインを握りしめて右手でクレープをひっくり返すと幸運が訪れると言われています。

スーパーでもクレープが売ってます

Cover o0800060013569308504
日本でクレープというと、冷蔵デザートのイメージですがフランスだとスーパーやパン屋でも常温で売ってます。

スーパーなどのパッケージされて売っているものは縦長に巻いたクレープ、パン屋などで売っているものは三角に折ってあったり、お店で食べる物は開いたままだったりと形状は様々です。

老若男女に愛されているクレープ

Cover crepe
https://fr.wikipedia.org/wiki/Fichier:Backzutaten_041.jpg
お母さんから若い男性まで、幅広くフランス人はクレープを作ります。
「今晩食べ物ないな~。クレープの材料があるからクレープにしよう!」なんてことも。
クレープの中身はシンプルにジャム、シュガーレモン、ヌテラなどが好まれています。

必要な材料は、小麦粉、砂糖、塩、卵、牛乳、無塩バターと冷蔵庫にいつもあるもので簡単にできちゃうのも愛される理由でしょうか。

クレープを美しく焼くには

Cover o0800106613619850051
色々なレシピがありますが、ポイントは小麦粉をふるいにかけること、材料をよく混ぜること、冷蔵庫で生地を寝かすことです。
始めの1枚目は大抵失敗しますが、2枚目から綺麗に焼けるので気にせずに焼きましょう♪
2月2日のクレープの日だけでなく、日常的にクレープを食べているフランス人。
人にってこだわりのレシピがあったり(笑)。
もちろん、クレープ専用の浅いフライパンも売っています。
クレープリーというクレープ専門店もあるので、フランスにいらしたら是非クレープをお試しください。
Cover index
この記事が気に入ったらいいね!しよう
broadiaの最新記事をお届けします

おすすめ記事

CURATOR

Medium 555

南西フランス通信

フランスデアン

2012年からフランス在住。
フランスの地方都市、ボルドーから情報発信です。

コスメ、旅行、街歩きが趣味です。
良かったらブログも是非ご覧ください。

http://ameblo.jp/le-beau-dauphin/

もっと見る

LOUNGE

ユーザ登録するとラウンジでキュレーターに直接質問ができるようになります。

無料登録ログイン