Cover torten tartes internet 01
http://www.torten-pralinen-verl.de/

甘党必見!ドイツのスイーツ事情

ドイツのスイーツというと何を思い浮かべますか?やはりバウムクーヘンでしょうか?ドイツのクリスマス文化が広まった影響でシュトレンやレープクーヘンなども有名になりましたが、お隣のスイーツ大国フランスに比べると、見た目も味も知名度も敵わないのがドイツのスイーツです。フランス菓子のような芸術品とは違い、飾らない素朴さが魅力のドイツのスイーツを紹介したいと思います。

ケーキの種類

Cover tortentheke
https://www.spetsmann.de/manufaktur/torten
ドイツではケーキ類は主に2種類に分類され、パウンドケーキやチーズケーキなど焼きっぱなしの物をクーヘン(Kuchen)と言い、生クリームやチョコレートクリームでデコレーションしたケーキをトルテ(Torte)と言います。
ドイツのケーキ屋では、直径30cmほどあるホールケーキがいくつも並び、注文するとそのホールから切り分けてくれますが、その1カットの大きい事!日本のケーキの2倍はあるのではないでしょうか。お値段は1カット約2~3ユーロ。

ドイツを訪れたら食べておきたい、ドイツならではのケーキをいくつかご紹介します。

黒い森のサクランボケーキ

Cover schwarzwaelder kirschtorte
http://www.triberg.de/index.php?id=404
ドイツ南西部にある黒い森地方の名物ケーキですが、現在はドイツ全土で食べられており、ドイツを代表するデコレーションケーキです。キルシュ(サクランボ酒)のきいたココアスポンジの間に生クリーム、ダークチェリーが挟まったケーキで、生クリームでデコレーションされた表面に削ったチョコとチェリーが飾られています。
ドイツ語ではSchwarzwälder Kirschtorte(シュヴァルツヴェルダー キルシュトルテ)と言います。

フランクフルタークランツ

Cover 196713 960x720 frankfurter kranz
http://www.chefkoch.de/rezepte/1327081237536412/Frankfurter-Kranz.html
ドイツの都市、フランクフルトの名菓で、王冠のような形をしたケーキです。リング状のスポンジ生地にバタークリームを塗り、表面はナッツでデコレーションされています。
日本でも扱っているお店がありますが、ぜひフランクフルトで本場の味を試してみてはいかがでしょうか。
ドイツ語ではFrankfurter Kranz(フランクフルター クランツ)と言います。

蜂の一刺し?!

Cover 915fccee7095abbae03fbde8b3732107
https://nz.pinterest.com/explore/bienenstich-kuchen-940671792315/
不思議な名前のこのケーキは、イースト生地の間にカスタードクリームのような生クリームのようなバタークリームがサンドしてあり、表面はキャラメリゼしたアーモンドスライスでコーティングしてあります。
ケーキ屋よりは、より身近なパン屋で見かけることも多いかもしれません。凝ったデコレーションなど無く見た目はシンプルなケーキですが、クリームの味やパン生地にそれぞれのお店のこだわりが表れていて、香ばしいアーモンドとの相性ばっちりです。
ドイツ語ではBienenstich(ビーネンシュティヒ)と言い、表面のアーモンドのデコボコが蜂の刺し痕のようなのでこんな名前がついたとの説もあります。
今回はドイツならではのケーキを紹介しましたが、ドイツ人にとっての定番は、リンゴケーキ、チーズケーキ、モーン(ケシの実)ケーキなどが人気です。
甘くてボリュームのあるケーキが苦手だったり、食べきる自信がない方は、焼き菓子もオススメですよ。
Cover torten tartes internet 01
この記事が気に入ったらいいね!しよう
broadiaの最新記事をお届けします

おすすめ記事

CURATOR

Medium bremen

Life from Germany

ドイツAko

ドイツから送るドイツっ子の日常生活。旅行やグルメなどドイツの魅力をお届けします。

https://accogermany.wordpress.com/

もっと見る

LOUNGE

ユーザ登録するとラウンジでキュレーターに直接質問ができるようになります。

無料登録ログイン