Cover 8c1ada51 b8dd 4232 a2eb aa4c0c0dae54

こんな海の色見たことない♡南仏 Nice

フランス好きならきっと1度は聞いたことがあるはず、コート・ダジュール(Côte d'Azur)。日本語では“紺碧海岸”と表現されています。
その中でも国際空港のあるニース(Nice)は、フランス人さえも虜にする人気のリゾート地です!
そんなニースの見どころをご紹介します☆
Small f2c6251a b095 40d9 82bb cf9cd34a96e1

きらめく蒼い海+* Promenade des Anglais

Cover 8c15472b 653b 4efa a099 37b20a917540
地中海で最も美しいと言われるこの海岸線は、“英国人の散歩道”という意味の名で呼ばれ親しまれています。
18世紀後半、まだニースが今のようなリゾート地になる前に、裕福なイギリス人たちがニースで冬を過ごすようになり、遊歩道を建設する計画を立てたのがはじまりです。

太陽の光が燦々と降り注ぐこの道には、なんと複数箇所に青い椅子が設置されていて、誰でも好きな時に日光浴が出来るようになっています!
見惚れるほど美しいグラデーションの海を、ただただ眺めているだけでも心が満たされます。

日中の海岸は海水浴を楽しむ人々でとても賑やかで、遊歩道は朝から夕方までジョギングや散歩をしている人が多く、とても開放的で気持ちのいい場所です。

ニースに来たらぜひ、この蒼い海と白いビーチの、言葉にできない美しさを堪能してください+*。

活気溢れるVieille Ville(旧市街)

Cover 0e33a5ce c68a 40f1 94a8 9c2a349d292f
国鉄の駅の近くにCentre Ville(中心街)のあるニースですが、なんといっても奥まった場所にある旧市街がオススメです!
細く入り組んだ小道に潜り込めば、オレンジ色の屋根の下、カラフルな壁や鎧戸が目を楽しませてくれて、南仏らしい景色に心がわくわくします♪
せっかくニースに来たのなら、有名なジェラート店「Fenocchio Glacier」でジェラートを買って食べ歩きながら観光をしてみましょう(*^^*)
ガラスケースの中に、何十種類ものフレーバーが色とりどりに並び、きっと選びきれないはず♡

ニース名物!ラ・ソッカ(La socca)

Cover 9cd6c795 a275 4187 be19 b8f6ca1a3c9b
ソッカとは、ひよこ豆の粉と塩、オリーブオイルを混ぜて焼いたクレープのような料理です。
外側はおこげのような状態でカリッとしていますが、生地の厚い部分はふわふわしていて、素朴な味で癖になります♪
私がソッカを食べたお店は旧市街の中の細〜い道にある有名店で、訪れた時はお客さんの長い行列が出来ていました。
待っている間に、大きな鉄板で手際よく焼かれるソッカを間近で見ることができるので舌だけでなく目でも楽しめます!

≪ Chez René ≫
1 Rue Pairolière, 06300 Nice
(道を挟んだ向かいにChez René Soccaというバーがあり、テーブルで食べる場合はそちらでのドリンクの注文が必要です)

おまけ☆ニースから片道4ユーロ?セレブが集うモナコへ

Cover 441b4c87 33f4 4982 a51a 869961ca0566
カジノやF1グランプリ、グレース・ケリーなどで有名なモナコ公国。世界で2番目に小さいミニ国家です。そんなモナコへ、ニースからなんと電車で30分足らずで行けちゃいます!(バスでも行けます)
街並みはとても美しく、マンションなどの外観はまるでお城のような造りで、同じフランス語圏ではありますがニースとは全く違った雰囲気です。
ペールカラーに統一された壁の色が、なんとなくディズニーランドのようでリアルな夢の国!また、道にはゴミひとつ落ちていないし、街中の花壇には観葉植物や色鮮やかな花が植えられていて、いろんな意味でどこを見てもとても綺麗です。また、モナコは世界で最も治安が良い国としても知られています。
私はアルフォンス・ミュシャのモナコ・モンテ=カルロの絵がとても好きだったので、お土産にポストカードを買って帰りました♪
カジノやブランド品を愛するお金持ちじゃなくても、モナコの美しい景色は充分楽しめますよ♡
ニースには他にも、ニース ノートルダム寺院(Basilique Notre-Dame de Nice)や、サン ニコラ ロシア正教会大聖堂(Cathedrale Orthodoxe Russe St-Nicolas a Nice)、マセナ広場(Place Massena)などたくさんの見所がありますので、ぜひ便利なトラムを使って街歩きをしてみてくださいね☆

また、実はニースからは、レモン祭りで有名なマントン(Menton)や国際映画祭の開催地カンヌ(Cannes)、香水の街グラース(Grasse)までもがバスを使ってなんと片道1.5€で行けちゃいます!
私はニースから、鷲の巣村と呼ばれるエズ(Èze)へ行ってきました!(別記事「まるで童話の世界☆フランスの美しい村たち https://broadia.jp/articles/1006 」に詳しく書いているので読んでみてくださいね^^)
Cover 8c1ada51 b8dd 4232 a2eb aa4c0c0dae54
この記事が気に入ったらいいね!しよう
broadiaの最新記事をお届けします

おすすめ記事

CURATOR

Medium f2c6251a b095 40d9 82bb cf9cd34a96e1

万華鏡のようなフランス生活

フランスNana :)アーティスト

10年越しの夢を叶えて、ただ今フランスでワーホリ中◎
コロコロと変わる状況に翻弄されつつ、とりあえずたのしんで生きてます☆

https://www.instagram.com/7hoshitento/

もっと見る

LOUNGE

ユーザ登録するとラウンジでキュレーターに直接質問ができるようになります。

無料登録ログイン