Cover 72b4eaf9 b207 438f abf3 a715eb0525d9

南仏最大の魅力!ラベンダー畑

南フランス・プロヴァンスの夏といえば!
そう、この時期に私がどうしても見たかったのが、視界一面に広がるラベンダー畑。
ヴァランソル高原に絶景を見に行ってきたのでご紹介します♪
Small 1b5b9f97 7780 4990 b30e 74e14ecd0e64

まるで紫色の絨毯みたい!

Cover b7c323d9 403d 4df9 b860 cc305ae33f6f
光り輝く太陽の下、どこまでも続くラベンダーの花・花・花!!!
実際に見たのに、規模が大きすぎて信じられない!と言葉が出ました。
また、景色以上に癒されるのがその香りです。
天然のラベンダーの香りは全くきつくなく、その香りに包まれながら周りを飛ぶ蝶々やミツバチ、そよそよと風に揺れるラベンダーを見ていると美し過ぎて言葉が出ません。
ラベンダー畑は1ヶ所ではなく、車で道を走っていると至る所にあります。
ただ、車を降りて畑に入る場合は、影がほとんどないので帽子や日傘を持参した方がいいかもしれません。

小さな町をお散歩してみよう♪

Cover 5443f66b a64e 43fb 8501 92c0304e79a9
ラベンダー畑の近くにある小さな町、ヴァランソル。
入り口付近は観光客でいっぱいでしたが、町の中はとっても静か。家の造りがすごく可愛くて、まるでジブリの映画の中みたい。
ここに住んでいる人は忙しいという言葉を知らなそうだな...と思うくらい、緩やかでのんびりとした空気が流れていました。
また、町のアイス屋さんには薄紫色がきれいなラベンダー味のアイスクリームも売っているので、ぜひ食べてみてください!はじめての味でしたが、とっても美味しかったですよ♡

南仏らしい?!蝉のぬいぐるみ!

Cover b543cddf 0015 4502 aac6 ca79a9f3a614
香水や石鹸などの上品なラベンダー製品が並ぶお土産屋さんで「これはおもしろいな〜」と思ったのは、なんと蝉のぬいぐるみ‼︎(しかも背中のボタンを押すとジジジ〜と鳴きます!)
セミはフランス語でCigale(シガル)と言います。驚いたことにフランスでは南仏にしか生息していないらしく、“バカンスや幸福のシンボル”として石鹸や壁飾り、アクセサリーなど至る所で目にします!日本では蝉はあまりいいイメージではないけれど、これを見たらなんだかちょっと可愛く見えてくるから不思議。

おまけ☆透き通ったターコイズブルーの湖

Cover d66b7e34 2fb2 4bf5 9f0f 0e46380d0410
ヴァランソルから車で30分くらいのところにある、サント・クロワ湖 (Lac de Sainte Croix) 。
ここは南仏でも人気のバカンススポットのようで、泳ぎに来る人がたくさんいます。
もちろんこれが実際の水の色です!
緑と水色を混ぜたような、なんとも幻想的な色でとにかく美しい!
なんでフランスにある自然の色は、こんなにきれいなんだろう。。。
ビーチもあるので、眩しい太陽の下でラベンダーを眺めた後は、水浴びをして涼んで帰るのもいいですね♪
ラベンダーの開花シーズンはその年によりますが、だいたい6月下旬頃からで7月上旬が1番の見頃のようです。
その後に刈り入れ時期になるので、その景色が見られるのは約2ヶ月ほど。
だからこそ、見に行く価値がありますよ!もしも夏にプロヴァンスを訪れた際はぜひ足を伸ばしてみてください^^*

また、ヴァランソルは小さな町ですが、毎年7月の第3日曜日にラベンダー祭りが開催されとても賑わうようです!(2018年は7月15日)
ヴァロンソル高原へは電車では行けないので、レンタカーや現地ツアーなどがオススメです☝︎
Cover 72b4eaf9 b207 438f abf3 a715eb0525d9
この記事が気に入ったらいいね!しよう
broadiaの最新記事をお届けします

おすすめ記事

CURATOR

Medium 1b5b9f97 7780 4990 b30e 74e14ecd0e64

万華鏡のようなフランス生活

フランスNana :)アーティスト

10年越しの夢を叶えて、ただ今フランスでワーホリ中◎
コロコロと変わる状況に翻弄されつつ、とりあえずたのしんで生きてます☆

https://www.instagram.com/7hoshitento/

もっと見る

LOUNGE

ユーザ登録するとラウンジでキュレーターに直接質問ができるようになります。

無料登録ログイン